So-net無料ブログ作成

「昼間にも叫び声」マンション住人が証言 天王寺で腹刺され男性死亡(産経新聞)

 23日午前2時55分ごろ、大阪市天王寺区寺田町の10階建てマンション「グランソシエ寺田町」の1階入り口付近で、男性が腹から血を流してあおむけに倒れているのを通行人が発見、119番した。天王寺署員が駆けつけたところ、男性はすでに死亡。腹部に刺されたような傷があり、府警捜査1課は、殺人事件とみて捜査を始めた。

 府警によると、死亡していたのはこのマンションの4階に住む無職、岡田弘さん(57)。長袖シャツ、ジーパン姿で、靴ははいていなかった。へその上あたりに刺し傷があったほか、右の手のひらにも、抵抗したときにできたとみられる切り傷があった。凶器は見つかっていないという。

 岡田さんの部屋から、外付けの非常階段を経て、マンション入り口付近まで血痕が続いていた。室内では血痕は見つかっておらず、部屋の前で襲われたとみられる。

 部屋は無施錠で照明がついたままだった。岡田さんの財布や携帯電話が残されており、荒らされた様子はなかった。岡田さんは1人暮らしだったという。

 マンション8階に住む調理師の男性(53)は「約1年前に引っ越してきたころから、下の方からよくけんかをする声が聞こえていた。昨日の昼間にも叫び声を聞いた」と話していた。

 現場は、JR大阪環状線寺田町駅から北に約150メートルの雑居ビルなどが立ち並ぶ一角。

【関連記事】
マンション玄関で腹刺され男性死亡 大阪・天王寺
自室で腹刺され女性重傷 殺人未遂容疑で捜査、岐阜
出勤途中の21歳、路上で腹刺され負傷 愛知・小牧
92歳女性腹刺され重体

小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
<桜>大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
「爆弾低気圧」が原因か、列島襲撃・春の嵐(読売新聞)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査−大阪府警(時事通信)
桂宮さま、微熱でご入院(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。